英システム会社、目の動きで操縦できるドローン技術を開発

英システム会社、目の動きで操縦できるドローン技術を開発

イギリスのシステム会社Ultra Electronicsは、人間がコントローラー無しでドローンを操縦する技術のプロトタイプを開発したことを発表しました。

このプロトタイプ製品では、人間が頭にバンドを付け、ドローンを動かす目の動きによってドローンを操縦できます。つまり、コントローラー無しで操縦が可能です。

なお、実験にはDJI公式ストアでも販売されているRyze Techの小型ドローン「Tello(テロー)」が使用されています。Telloはプログラミングにも対応しているドローンであり、小学生のプログミング教育にも使用されています。

インタビューによると、Ultra Electronicsは数年前からコントローラー無しで操縦できるドローンの開発に取り組んでおり、今回のプロトタイプの開発に至ったとのことです。

実際、映像ではパソコンを見ている女性の目の前でドローンが離陸、フライトに成功しています。こちらの映像をご覧ください。

このプロジェクトの技術責任者であるTony White(トニー・ホワイト)氏は、次のように述べています。

「この技術では、コンピューターの画面を見ている目の反応からドローンの動きを作ります。女性が頭に装着しているのは、目の動きが脳へ送る信号を読み取る装置です。この装置を通してドローンにコマンドが送信され、ドローンを操縦することが可能になります。私たちは、目や脳の信号からドローンを制御する動きを、すべてのコマンドに変えることができます。」

出典:Ultra Electronics

ニュースの最新記事