DroneWikiドローン総合情報サイト

【2019年】個人のドローン機体保険・ケアサービスを徹底比較!選び方を解説!

2019.05.10

DroneWikiでは、これまでドローンの機体保険ケアサービス(交換・修理・点検などのサービス)をいくつか解説してきました。賠償責任保険と機体保険がセットなった保険、無制限にドローンを修理してくれるサービス、壊れたドローンを新品と交換してくれるサービスなど、たくさんの機体保険・ケアサービスがありました。
今回はその機体保険・ケアサービスの内容を比較・検証し、どのユーザーにどの機体保険・ケアサービスが合っているのか?解説していきます。
2019年ドローンの機体保険・ケアサービスの選び方はこれで決まり!

比較する機体保険の内容

DJI機体保険

エアロエントリー株式会社が提供している「DJI機体保険」、ドローンが故障・破損した費用、捜索や回収にかかった費用などを補償してくれます。プランはA・B・Cの3種類ありますが、今回は一番シンプルなDJI機体保険プランAで比較します。

機種 年間費用(推定)
Spark ¥5,480
Phantom 4 Pro ¥16,320
Mavic Air ¥9,360
Mavic 2 Pro ¥17,460
Mavic 2 Zoom ¥14,580
Inspire 2 + Zenmuse X5S ¥50,960

表以外のドローンにも対応しています。詳細は以下の記事をご覧ください。

ドローン保険

株式会社グッド保険サービスが提供している個人向け「ドローン保険」、ドローンに必要な賠償責任保険と機体保険がセットになった保険です。年間費用10,000円で両方を補償してくれるコストパフォーマンスの良い保険ですが、ドローン本体に使える補償金額は10万円が上限です。

機種 年間費用
ドローン全般 ¥10,000
備考 補償金額は最大10万円

保険の詳細は以下の記事をご覧ください。

比較するケアサービスの内容

DJI Care Refresh

DJI公式が提供している「DJI Care Refresh」、DJI商品が故障や破損した際、リフレッシュ交換(新品or新品同等の製品)を2回までしてくれるサービスになります。しかし、製品交換時には別途費用が必要です。また、プロの技術サポートも得られます。

機種 年間費用
Spark ¥6,700
Phantom 4 Pro ¥25,000
Mavic Air ¥13,000
Mavic 2 Pro ¥17,000
Mavic 2 Zoom ¥17,000
Inspire 2 + Zenmuse X5S ¥74,000

表以外のドローンにも対応しています。詳細は以下の記事をご覧ください。

DroneAgentケア

株式会社FLIGHTSが提供している「DroneAgentケア」、修理や点検を目的としたプランが4つありますが、今回は標準的なプラン「DroneAgentケア」で比較します。
「DroneAgentケア」は、機体の修理が無償かつ無制限に受けられ、技術サポート、1回の点検も付いてきます。また、整備点検証明書を発行しれくれます。

機種 年間費用
Spark ¥15,000
Phantom 4 Pro ¥35,000
Mavic Air ¥24,000
Mavic 2 Pro ¥32,000
Mavic 2 Zoom ¥27,000
Inspire 2 + Zenmuse X5S ¥108,000

表以外のドローンにも対応しています。詳細は以下の記事をご覧ください。

SkyLink Care

株式会社WorldLink&Companyが提供している「SkyLink Care」、ジンバル製品も加入できる「SkyLink Care Lite」と手厚い保守プランの「SkyLink Care Pro」の2種類があります。今回は「SkyLink Care Lite」で比較します。
「SkyLink Care Lite」は、ドローンの修理が無償かつ無制限に受けれるサービスです。検品は無償で3回、技術サポートも付いてきます。送信機もスタビライザも保証の対象です。

機種 年間費用
Spark
Phantom 4 Pro ¥14,280
Mavic Air ¥7,280
Mavic 2 Pro ¥13,580
Mavic 2 Zoom ¥11,340
Inspire 2 + Zenmuse X5S ¥44,590

表以外のドローンにも対応しています。詳細は以下の記事をご覧ください。

おすすめの機体保険・ケアサービスを比較

これらの機体保険・ケアサービスを比較していきますが、それぞれ趣旨や補償範囲が違います。その為、ストロングポイントを明確にしつつ、なるべく平等な視点で表にしました。
ドローンの種類によって年間費用も異なりますので、人気ドローンMavic2 Proでの比較となります。

DJI Care Refresh SkyLink Care ドローン保険
年間費用 17,000円 13,580円 10,000円
対象ドローン DJI製品 DJI製品 指定無し
自己負担金額 1回目15,000円
2回目18,000円
0円 3,000円
技術サポート ×
再操縦
までの時間
交換後即時 修理待ち 保険手続き待ち
備考 公式のサービス 検品3回 賠償責任保険付き
最大補償10万円

DJI Care Refreshは、壊れたドローンを店舗に持ち込む事で、すぐにリフレッシュ交換をしてくれる非常に便利なサービスです。このようなサービスは他にありません。しかし、年間費用が17,000円(Mavic2 Proの場合)と高く、1回のリフレッシュ交換で追加の15,000円が発生、2回の目の場合は追加で18,000円の費用が発生します。もし2回リフレッシュ交換した場合、年間費用が合計50,000円となります。便利なサービスですが、費用相応のサービスと言えます。

SkyLink Careは、ドローンが壊れても追加料金なく何度も修理してくれるサービスです。類似ケアサービスのDroneAgentケアよりも年間費用が安く、操縦に不安がある人にはおすすめのケアサービスとなっています。検品も3回まで無償で対応してくれ、プロによる技術サポートも受けられます。

ドローン保険は、機体保険だけで見ると10万円しか補償されない、非常に物足りない保険です。しかし、この保険には賠償責任保険がセットで付いてきます。賠償責任保険+機体保険で年間費用10,000円は、非常にコストパフォーマンスが高い保険です。機体保険にお金を掛けるのが嫌な方には、この保険は非常におすすめです。

賠償責任保険にも加入しよう

今回比較した保険・ケアサービスは、ドローン保険を除き賠償責任保険が含まれていません
賠償責任保険とは、ドローンの事故で人や物を傷付けた場合に発生する賠償金を補償してくれる保険です。最近では、自転車事故で裁判所が1億円の支払いを命じた事故もあります。ドローンも大切ですが、必ず賠償責任保険に加入してからドローンを飛ばすようにしましょう!

賠償責任保険については、以下の記事をご覧ください。

まとめ〜機体保険の選び方〜

以上、2019年のドローンの機体保険・ケアサービスについて解説してきました。これらの情報をまとめると…

ドローンをビジネス利用している方

この方は、DJI公式の提供している「DJI Care Refresh」に加入しましょう。壊れたドローンと新品のドローンをすぐに取り替えてくれます。ドローンの撮影日が決まっている方にとって、非常に有難いサービスです。また、公式スタッフによる電話・メールのサポートが受けられます。

ドローンを何度も壊してしまいそうな方

この方は、株式会社WorldLink&Companyが提供している「SkyLink Care」に加入しましょう。ドローンの修理が無制限に受けれ、検品も3回まで無償で対応してくれます。操縦に不安がある初心者の方にとって、非常に有難いサービスです。また、スタッフによる技術サポートも、初心者にとって非常に嬉しいポイントです。

保険にお金を掛けたくない方

この方は、株式会社グッド保険サービスが提供している「ドローン保険(個人向け)」に加入しましょう。賠償責任保険+機体保険で1万円のコストパフォーマンスの良い保険です。ただ、ドローンが全損しても最大10万円しか補償がないため、修理費用が足りなくなるので注意しましょう。

2019年のドローンの機体保険・ケアサービスの選び方はこれで決まりです!
ドローンを飛ばす際には、機体保険・ケアサービスも必要ですが、賠償責任保険には必ず加入し、法律やルールを守って飛ばしましょう!