DroneWikiドローン総合情報サイト

撮影した動画・写真をYoutubeやドローン映像販売サイトにアップしよう

2019.08.19

ドローンで撮影した映像(写真/動画)、せっかくですからネットにアップしたいですよね?

ネットにアップするだけでなく、いい映像が撮影できたら販売もしてみたくはありませんか?

本記事では、ドローンで撮影した映像をアップするサイトや、販売できるサイトについて解説していきます。

 

こんな方におすすめです。

  • ドローンで撮影した映像をネットにアップしたい方
  • ドローンで撮影した映像を販売したい方

 

 

ネットに映像をアップする際の注意点

ドローンで撮影した映像(写真/動画)をネットにする前に、注意しなければならないことがあります。

ドローンで撮影した映像をネットにアップする行為は、利益が発生していなくても、業務行為・ビジネス行為に該当します。
個人保険の場合、業務行為・ビジネス行為に該当するとドローン保険が適用されなくなります

ドローンで撮影した映像をネットにアップする場合、個人事業主の加入するような保険に加入するか、業務利用・ホビー利用の両方の保険が適用される『SORAPASS care』に加入しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

大手動画サイト『Youtube』

動画を投稿する!と想像した時に一番に思いつくのは、大手動画サイト『Youtube』でしょう。

Youtuberという職業の方がいることからも分かるように、動画をアップすることで収益化を狙えます。

Youtubeに投稿されているドローン動画の種類には、大きく分けて解説系と綺麗な映像系の2種類があります。

 

解説系の動画

まずは解説系の動画です。

例えば、ドローンに搭載されている空撮システムを試す系の動画です。
以下の動画では、Mavic Airのクイックショット機能を試しています。

その他にも、トラブルの際の解決方法、アプリの使用方法などを解説した動画もあります。

 

つまり、必ずしも綺麗な映像を撮影しなくても、動画を投稿し、再生回数を稼ぐ方法はあります。

 

綺麗な映像系の動画

こちらは王道の綺麗な映像系の動画です。

海外だけでなく、日本の観光地の動画もあります。

 

ドローン鮮やかな映像をアップしている方はまだまだ少ないので、内容次第では再生回数を稼ぐことができるでしょう。

まずはアカウントと自分のチャンネルを作成し、動画のファンを獲得していきましょう。
Youtube | トップページ

ドローン動画サイト『AIR Vūz』

ドローンの動画投稿サイトとして世界的に有名なのが『AIR Vūz(エア バズ)』です。

『AIR Vūz』はビデオアワードを実施しており、昨年の第2回ビデオアワードでは、日本人の作品も選ばれました。

 

受賞した日本人の作品「Onnanocos(オンナノコズ)」がこちらです。

また、優勝作品「Kingdom Of The Wild – Wildlife in Namibia Africa」がこちらになります。

動画のクオリティからも分かるように、Youtubeにアップするよりも本格的な撮影、編集技術が必要になります。

ここで結果を残すことができれば、ドローン空撮に関する仕事で引き手数多となるでしょう。

いい動画の撮影、編集ができたらアップしてみましょう。
AIR VūZ | トップページ

ドローン映像販売サイト『SKYSTOCK』

ドローンで撮影した映像(写真/動画)を販売できるのが『SKYSTOCK(スカイストック)』です。

投稿者は映像(写真/動画)に値段をつけることができます。
最低金額は以下になります。

 

そして、アップされた映像を気に入った購入者は、その動画を購入するという仕組みです。

動画だけでなく写真も販売できるので、いい撮影ができたのであれば、販売してみましょう。
SKYSTOCK | トップページ

 

その他のドローン映像サイトに関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

 

以上、ドローンの撮影した映像(写真/動画)をアップするサイト、販売するサイトについて解説してきました。

次回はドローンの資格について解説していきます。
資格を取得して、ワンランク上のドローンパイロットになりましょう!