DroneWikiドローン総合情報サイト

ドローンの練習場所・おすすめ撮影スポットを調べる方法(無料・有料)

2019.08.19

ドローンを購入して、いざ飛ばそう!撮影しよう!と思っても、どこで飛ばせばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

公園でドローンを飛ばして逮捕された人もいるため、不安がある人もいるかと思います。

本記事では、ドローンを飛ばせる場所(有料・無料)撮影スポットを調べる方法について解説していきます。

こんな方におすすめです。

  • ドローンを購入したけど飛ばす場所が分からない方
  • ドローンの空撮スポット探したい方
  • ドローンの操縦練習の場所を探している方

改正航空法のおさらい

ドローンを飛ばす以上、逮捕されないための最低限の法律の知識が必要です。

ドローンのフライトに関して取り決めた法律『改正航空法』では、以下のフライトが禁止されています。

  • 空港周辺
  • 150m以上の上空
  • 人家の密集地域

 

また、ドローンを飛ばす際は以下の6つのルールを守りましょう。

  1. ドローンは日中に飛ばしましょう
  2. ドローンは目視の範囲内で飛ばしましょう
  3. ドローンは人や物から30m以上離して飛ばしましょう
  4. ドローンはイベントの上空で飛ばしていけません
  5. ドローンで危険物を輸送してはいけません
  6. ドローンから物を落下させてはいけません

国土交通省 | 改正航空法概要ポスター.pfd

ドローンを練習する場所を調べる方法(無料)

改正航空法で取り決められた飛行禁止空域を、地図上に表示してくれるアプリがあります。

おすすめは楽天AirMap株式会社が提供しているアプリ『Air Map』です。
Air Mapダウンロード | iPhone
Air Mapダウンロード | Android

上の画像のように、飛ばしてはいけないエリアを簡単に把握できます。
これにより、ドローンを飛ばしていい場所を簡単に調べ、ドローンを飛ばすことができます。

しかし、飛ばしていいエリアに指定されていても、私有地や公共の場所で勝手にドローンを飛ばしてはいけません
そういった場所では、土地の所有者や行政に確認してから飛ばすようにしましょう。

ドローンを練習する場所を調べる方法(有料)

無料でドローンを飛ばせる場所は分かったけど、やはり不安、ドローンユーザーと交流しながら練習がしたい、という人におすすめなのが有料の練習スポットです。

ドローンの練習場所では、不安なく思う存分ドローンを飛ばすことができます。

DroneWikiでは、日本全国のドローンの練習場所をまとめています。※飛ばしたい場所をクリック

ドローンの空撮スポットを探す方法

ドローンを練習する場所は分かったけど、“空撮”がしたい!という方もいるかと思います。
練習場所はあくまで練習場所であり、撮影スポットではありません。

空撮スポットは『sora:share(ソラシェア)』で探しましょう。
sora:share | 公式ホームページ

ソラシェアには日本全国の空撮スポットが登録されています。
料金プランは2種類あり、月額3,000円の飛ばし放題プランなら思う存分空撮を楽しめます。

sora:share(ソラシェア)』の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

 

また、徳島県や熊本県には、ドローンが飛ばし放題の場所があります。
このような場所で空撮をするのもいいでしょう。

 

以上、ドローンの練習場所・撮影スポットを調べる方法について解説してきました。

次回はドローンの基本操作と練習方法について解説していきます。
【ドローン入門5】操縦テクニックがメキメキ上達する効果的な練習方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加