DroneWikiドローン総合情報サイト

EVO2ドローン用の照明アクセサリー「D100」販売開始 – AutelとFoxFury

2021.01.19

中国のドローンメーカーAutel Roboticsは、アメリカ合衆国の照明会社FoxFuryと協力し、Autel Roboticsを代表する産業用ドローン「EVO 2 Dual」の照明アクセサリー「D100」を開発、今年のCES2021で発表しました。

CES2021は世界最大のIT家電ショーであり、Autel Roboticsは新ドローンの発表も行いました。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

照明アクセサリー「D100」は、正方形に配置された4つの小さなLEDモジュールで構成されており、高度約200フィートから60度の角度で2300ルーメンを明るさを提供します。照明アクセサリー「D100」の稼働時間は70分で、EXOLANDERと呼ばれる特別なマウントを介して「EVO 2 Dual」に接続します。

照明アクセサリー「D100」を搭載することで、「EVO 2 Dual」を夜間でも救助活動・捜索活動ができるドローンへと変えてくれます。

 

実は、Autel RoboticsとFoxFuryによる共同開発はこれが初めてではありません。最近では、照明機器「D3060」をリリースしています。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

また、FoxFuryはフランスのドローンメーカーParrot(パロット)と提携し、同社の代表ドローン「ANAFI」の専用照明アクセサリーも開発しています。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

出典元:D100 EVO II Drone Light System | FoxFury公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加